正匠ブログ:家づくり情報
「正匠の家」家づくり情報

正匠こだわりポイント〜住みごこち〜

0

    家づくりで大切なことは「住む人の夢の思いをカタチにする」ことだと考えています。

    間取りやデザイン。住む人によってその想いは様々です。

    だからこそ、その想いにとことん向き合ってカタチにする注文住宅へこだわっていますが、

    それ以上に、どんなに夢の思いを実現しても、その家の性能が悪く、

    夏も冬も冷暖房器具を使いっぱなしで、光熱費もダダ洩れの家づくりにより

    肝心かなめの【住みごこち】が悪ければ、ハッキリ言ってその家の価値は半減すると思います。

    家は見た目だけじゃありません。いかに快適に長く暮らしていけるのか。

    そこを大切にする家づくりを私たちはご提案しています。

     

    まず私たちが考える家づくりで大切にしていることは、気密性を上げること。

    私たち正匠の家づくりでは、基本的に夏はすずしく冬はあたたかく。を大切にとらえて

    できるだけ冷暖房に頼らず暮らせる家づくりを提案しています。

     

     

    【外断熱】施工をすることにより基礎や柱、屋根の垂木といった住宅では

    重要とされる構造材の外側で、家全体をすっぽり断熱材で包み込みます。

    断熱材ですっぽり包まれた構造材は、夏の暑さや冬の寒さが

    ダイレクトに伝わりにくいため、外気の影響を受けにくい状態になります。

    そのため、断熱材に囲まれた小屋裏や床下といった空間も室内側に近い温度を常に保てる環境になります。

    そのため温度差が原因で発生する結露が発生しにくく、

    目に見えない部分で起こりうるカビや腐れの心配が少なくなります。

     

    また外断熱により、断熱材を切れ目なく施工することで気密性も上がります。

    気密性とは家の隙間が少ない状態となるので、冷暖房効率があがり、

    少ない稼働台数で室温を保てるため、ランニングコストが上がりにくく

    人にも環境にも本当に【住みごこち】のイイ家をつくることができると思っています!

     

    実際の施工について、次回から出来る限り細かくお伝えできるように

    記述していきます^^ よろしければ、お楽しみに♪

     

    SEISYOHOME


    本当に怖い、ヒートショック!!

    0

      1月11日付の南日本新聞朝刊記事にて

      冬、とっても気になる「ヒートショック」について

      記事が掲載されていました。

       

      今年の12月は暖冬といわれ、12月の平均気温は前年より3.5℃高く、

      入浴時に亡くなった人数が前年より少なかったとの結果により

      「気温が低いと入浴死が増える」という因果関係が数字に表れた形となりました。

       

      入浴時に亡くなった方の9割が高齢者で、

      かつ、浴槽内で発見されたケースが9割にという調査結果でした。

       

      一番の改善は、部屋と浴室や脱衣室の温度差を小さくすること。

      その次に、湯温を38〜40度に設定し、飲酒や服薬後は避けるといった

      対策が必要とのことです。

       

      まず、肝心なことはお家の中の「温度差」を改善すること。

      それは昔ながらのお家では難しい点が多数出てくると思います。

      断熱や気密(隙間を小さくすること)対策といったことが重要です!

      より快適で健康に長生きできる家づくりを

      私たちも常々、念頭に置いてご提案していけたらと思っております!

      また今から2月に入ると益々寒い日が増えてくると思います。

      尚更、寒さ対策が重要になってきます。

       

      先日は、ご実家で暮らされるお母様が

      北側の寝室にある大きな掃き出し窓から

      冷たい空気が入ってきて、夜は冷えて眠れない!と

      息子さん家族にご相談され、私たちが現地へ行き

      その改善策として「インプラス」という内窓商品をご提案いたしました。

      インプラスをご採用頂き、内側に取付けたことでだいぶ冷気の影響が軽減されたと

      喜んでいただけました!一箇所で実感頂けたので、

      家全体もしくは居間や脱衣室だけでも十分効果を実感いただけるのではないでしょうか。

       

      ご年配の皆様は、我慢強い方が多くて、

      暑くても寒くても

      「ちっとぐらいやっでよか!」

      となかなか首を縦には振らないそうですが^^;

      やはり長生きの秘訣は食べ物と生活空間なのではないでしょうか?

      ずっと過ごす場所だからこそ、必要なことがあると思います。

       

      まずはお問合せから、ぜひお待ちしております^^

       

       

      正匠 スタッフ一同


      空き家解体、改築で減税!〜費用10%程度控除へ〜

      0
        2015年8月22日の南日本新聞朝刊に
        気になる記事が掲載されていましたのでご紹介します☆



        国土交通省が、21日に、2016年どの税制改正要望で、
        空き家を撤去したり、自らの居住や賃貸用にリフォームしたりした場合
        減税する制度の創設を盛り込む方針を固めた。
        親などから相続した家屋について、解体や改築費の
        10%程度を所得税額から差し引く方向で調整している。

        いま、全国的に空き家が増えているという情報は
        以前から、ちらほら耳にしておりました。
        しかし、空き家では放火をする不届きものが出たり・・・
        また、お庭など手入れされていない状況だと
        景観上あまりよろしくないという地域からの声などもあり
        行政が宅建協会などの不動産業を主とする方々と協力し、
        空き家対策の会合などを開くケースも増えてきていました。
        現在、国土交通省では、各自治体が実施する
        空き家撤去などの有効活用事業に於いて財政支援しているそうですが、
        今回の減税措置は、所有者の自発的な動きを後押ししそうな取り組みといえるでしょう。
        減税額の上限は、今後詰めていく予定のようですので、
        追加で情報が分かりましたら、またお知らせいたします^^

        ぜひご参考までに☆
        南日本新聞朝刊記事
        ※南日本新聞 8月22日朝刊より抜粋
         

        | 1/7PAGES | >>

        カテゴリ

        最新記事

        アーカイブ

        サイト内検索

        カレンダー

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        リンク

        その他

        携帯

        qrcode