正匠ブログ:家づくり情報
「正匠の家」家づくり情報

住まいの断熱考えてみませんか。

0

    「冬は寒くて当たり前」と我慢していませんか。

    鹿児島県内でも、入浴中の事故が増加しています。

    寒さの原因その大半は「窓」。

     

    皆さんの住まいはいかがでしょうか。

    寒さに関するご相談お伺いいたします。

     

     


    本当に怖い、ヒートショック!!

    0

      1月11日付の南日本新聞朝刊記事にて

      冬、とっても気になる「ヒートショック」について

      記事が掲載されていました。

       

      今年の12月は暖冬といわれ、12月の平均気温は前年より3.5℃高く、

      入浴時に亡くなった人数が前年より少なかったとの結果により

      「気温が低いと入浴死が増える」という因果関係が数字に表れた形となりました。

       

      入浴時に亡くなった方の9割が高齢者で、

      かつ、浴槽内で発見されたケースが9割にという調査結果でした。

       

      一番の改善は、部屋と浴室や脱衣室の温度差を小さくすること。

      その次に、湯温を38〜40度に設定し、飲酒や服薬後は避けるといった

      対策が必要とのことです。

       

      まず、肝心なことはお家の中の「温度差」を改善すること。

      それは昔ながらのお家では難しい点が多数出てくると思います。

      断熱や気密(隙間を小さくすること)対策といったことが重要です!

      より快適で健康に長生きできる家づくりを

      私たちも常々、念頭に置いてご提案していけたらと思っております!

      また今から2月に入ると益々寒い日が増えてくると思います。

      尚更、寒さ対策が重要になってきます。

       

      先日は、ご実家で暮らされるお母様が

      北側の寝室にある大きな掃き出し窓から

      冷たい空気が入ってきて、夜は冷えて眠れない!と

      息子さん家族にご相談され、私たちが現地へ行き

      その改善策として「インプラス」という内窓商品をご提案いたしました。

      インプラスをご採用頂き、内側に取付けたことでだいぶ冷気の影響が軽減されたと

      喜んでいただけました!一箇所で実感頂けたので、

      家全体もしくは居間や脱衣室だけでも十分効果を実感いただけるのではないでしょうか。

       

      ご年配の皆様は、我慢強い方が多くて、

      暑くても寒くても

      「ちっとぐらいやっでよか!」

      となかなか首を縦には振らないそうですが^^;

      やはり長生きの秘訣は食べ物と生活空間なのではないでしょうか?

      ずっと過ごす場所だからこそ、必要なことがあると思います。

       

      まずはお問合せから、ぜひお待ちしております^^

       

       

      正匠 スタッフ一同


      2017年度 ZEH事業進捗状況のお知らせ

      0

         

        弊社は、住宅でのエネルギー消費量を極力抑え、災害時でもエネルギー的に自立した

        住宅の普及に向けた取り組みを推進するため「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

        (以下、ZEH(ゼッチ))」における、ZEH(ゼッチ)ビルダーとして

        SII(一般社団法人環境共創イニシアチブ)に登録いただいています。

        ZEH(ゼッチ)普及に向けた事業計画の2017年度が終了いたしましたので、

        事業実績をご報告いたします。

         

        * * *

         

        2017年度普及目標の20%に対し、15%の実績着地となりました。

        2018年度以降の事業計画については以下の通りです。

         

        * * *

         

        ▶蠕犠△了業計画(普及目標)

        2016年度:12%(実績13%) / 2017年度:20%(実績15%) / 2018年度:30%

        2019年度:40% / 2020年度:50%

        ※ZEH(ゼッチ)を、2020年までに過半数にし、2030年には義務化される見通しの住宅です。

        ※各登録事業者は、ZEH(ゼッチ)の普及に向けた事業計画および実施状況をお示し

        するようになっています。

         

        ー・ー・ー・ー

         

        これからの新築住宅において、標準化される見通しの住宅基準です。健康面から捉えても

        高断熱・高気密は重要なポイントです。これから、家づくりをご検討中の皆さまは、健康面や

        住宅性能にも注目してみてはいかがでしょうか。

         

        ▶ZEH(ゼッチ)とは  

        快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備により、できる限りの省エネルギーに

        努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が

        正味(ネット)で概ねゼロ以下になる住宅のことです。

         

        ▶ZEH(ゼッチ)はこんな取組み

        2014年4月に閣議決定した「エネルギー基本計画」の中で、2020年には標準的な新築住宅を

        ZEH(ゼッチ)とすることを目標に掲げました。このことを踏まえて、経済産業省が管轄省庁となり

        自社が受注する住宅の内ZEH(ゼッチ)が占める割合を、2020年までに50%以上とする事業目標を掲げる

        事業者を「ZEH(ゼッチ)ビルダー」として公募中です。登録された、ZEH(ゼッチ)ビルダーには

        補助金を交付する取組みをスタートさせています。  

        (※ZEH(ゼッチ)住宅を建て、補助金申請を行う場合は、「ZEH(ゼッチ)ビルダー」

        登録されていることが大前提です)


        | 1/39PAGES | >>

        カテゴリ

        最新記事

        アーカイブ

        旧ブログ

        サイト内検索

        カレンダー

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << April 2019 >>

        リンク

        その他

        携帯

        qrcode